トップ > お知らせ一覧 > 地域包括ケアシステムに積極的参画

地域包括ケアシステムに積極的参画

(公社)日本あん摩マッサージ指圧師会  笹原 稔

 超高齢化社会の到来が2025年問題として注目されている。 2025年は、「団塊の世代」が75歳以上の「後期高齢者」になる年で、約2200万人、すなわち4人に1人が75歳以上という超高齢社会が到来する。

 これまで国を支えてきた団塊の世代が給付を受ける側に回るため、医療、介護、福祉サービスへの需要が高まり、社会保障財政のバランスが崩れる、とも指摘されている。

 按摩マッサージ指圧師が高齢化に伴う健康を保つ予防医療に貢献していく時が来ていると思います。
 賢明に医療の力を用いていくのが、人間に本来備わる「自然治癒力」を高め、按摩マッサージ指圧師の施術が保健予防とリハビリにつなげることができる、それが医療の処置と相まって、介護を必要とする方々の失った機能の回復を早める場合が数多くあります。

 地域包括ケアシステムが本年度より実施されます。医療、介護、予防、生活支援これらを支えるために、按摩マッサージ指圧師が参入することができるようになり、各地方地域の自治体が実施する審議委員会に積極的に参画する事が重要と思います。
按摩マッサージ指圧師の職域を広げるためにも、真剣なとりくみを試みてはいかがでしょうか。