トップ > お知らせ一覧 > 医者いらず健康長寿処方箋㉔

医者いらず健康長寿処方箋㉔

健康科学研究所所長・大阪市立大学医学部名誉教授 井上正康
〈現在、多くの府県師会より講演依頼を受けています。ぜひ貴師会でも!〉


井上正康先生は、癌や生活習慣病を「活性酸素」やエネルギー代謝の観点と、地球や生命の歴史という大きな視野で研究されている国際的研究者です。専門書、一般書のご執筆をはじめ、マスメディアでも大活躍、「予防医療」の研究と普及に取り組まれています。

「ベジタリアンと腸内共生細菌」

 乳牛は年間に約8400 Lもの牛乳を分泌し、その中には約240kgのたんぱく質、3000kgの脂肪、360kgもの糖が含まれている。ウシの反芻胃は全部で四室あるが、第1胃が120 Lで全体の80%を占めている。そこは酸素があっては生きていけない無数の嫌気性細菌や原生動物が共生する巨大な発酵工場である。これらの微生物は、飼料中のセルロースなどを分解して酢酸、プロピオン酸、酪酸、ビタミンBなど、様々な代謝物を産生している。胃で繁殖する共生細菌自体も栄養価の高い蛋白質や脂質などでできており、第4胃で消化吸収されて牛の栄養分となる。牧草だけを食べて700 kgもの巨体を維持できるのは、栄養価の高い共生細菌のお陰なのである。牛の腸の長さは約60 mで体長の25倍もあり、胃で消化した牧草や共生細菌の成分を消化吸収しながらあの巨体を創り上げているのである。
 同じ草食動物でも反芻胃を持たない馬は牧草だけでは生きられず、穀物、芋類、マメなどを摂取する必要がある。ウサギも馬と似た消化管構造を持つ草食哺乳類であるが、発達した盲腸の中に多数の嫌気性細菌が共生している。馬もウサギも栄養の宝庫である共生細菌を糞として排泄しているが、ウサギは糞を食べる(糞食)ことにより栄養を補給することができる。草食動物は分解し難いセルロースなどを消化吸収する為に長い腸を必要とし、体が大きくなければ生きていけない。しかし、ウサギは糞食のおかげで例外的に小さな体でも生きていけるのである。ヒトと馬の消化管は解剖学的に似ているが、糞食をしない人間は更に多彩な野菜や肉類(蛋白質と脂肪)などを雑食しなければ生きていけない。完全な菜食ではベジタリアンも健康を維持することは出来ない。卵や大豆タンパクに加え、微生物発酵により菌体からも様々な栄養素を補っているのである。
 牛の胃内共生細菌により産生された有機酸の一部は、二酸化炭素、水素、メタンなどに代謝されて口から排出される。この際に産生されるメタンは炭酸ガスの20倍も温暖化効果が高いことから、世界の畜産が地球温暖化の約15%の原因となっている。この為に胃腸でのメタン産生を抑制すれば飼料の有効利用と温暖化抑制に貢献できると考えられている。事実、胃内のメタン産生菌を抑制する薬を投与すると共生細菌叢が変化してメタン産生が抑制され、栄養分となる短鎖脂肪酸の産生量が約25%増加し、水素ガスの産生も増加する。
 成人の消化管では食後に大量の水素が発生し、血中に吸収されて呼気から排泄されている。ヒトの腸内細菌が産生する水素の量は個人差が大きい(~12 L/日)。メタンの産生量もヒトにより大きく異なり、全く産生しない人もいる。オナラの成分は、水素、二酸化炭素、メタン、および窒素(空気由来)などのガスであるが、悪臭は酪酸(腐敗バター臭)、硫化水素(腐敗卵臭)、アンモニア、およびインドールやスカトール(トリプトファン分解産物)などである。ニンニクや肉を沢山食べるとオナラが臭くなるのは、悪臭の原料が小腸で吸収されずに大腸の腸内細菌の餌になっているためである。
 乳酸菌やビフィズス菌は食物繊維などを乳酸、プロピオン酸、蟻酸などの有機酸に代謝し、腸内のpHを低下させて腸の蠕動運動を亢進させる。一方、炭酸ガスは酸性化を抑制して蠕動運動を抑制する。下痢や便秘になるのも腸内細菌の気分次第なのである。
 乳児に母乳を与えると呼気中の水素濃度が急激に上昇する。この際、乳児では細胞保護酵素であるSODやヘムオキシゲナーゼが増加し、細胞自殺抑制分子が誘導されてⅠ型アレルギー反応が抑制される。母乳には抗炎症作用や抗アレルギー作用も備わっているのである。水素は腸内の共生細菌が産生する生理活性分子であり、わざわざ市販の水素水を摂取しなくても腸内で大量に産生されているのである。抗生物質で腸内細菌を死滅させたマウスでは、薬剤性肝炎が急激に増悪するが、投薬を辞めれば炎症は改善される。腸内の共生細菌叢はホストの栄養代謝や免疫機能をも制御しているのである。
 現代はBMI 18以下を痩せ、18~25を正常、25以上を肥満と定義しており、巷では病的なスリム神話や過大宣伝が垂れ流されている。しかし、実際はBMI 25前後が一番健康なのである。腸内細菌が血中の中性脂肪やHDLコレステロール、BMIにも関与しており、その多様性が失われると、肥満、喘息、糖尿病などの危険因子となる。太古から共生細菌と一緒に旅を続けてきた人類は、彼らなくしては生きていけないのである。不潔恐怖症が蔓延する現代社会では、微生物との共生関係を再考する必要がある。

転載:月刊東洋療法261号
公益社団法人全日本鍼灸マッサージ師会

PAGETOP