トップ > お知らせ一覧 > あん摩マッサージ指圧師が来てもらいたい患者さん

あん摩マッサージ指圧師が来てもらいたい患者さん

(公社)東洋療法学校協会 中田智之

 今、あん摩マッサージ指圧師にとって一番の問題点の1つは受療率の低さがあります。
 なぜなんでしょうか?

 各種アンケート等を目にしたとき、手技療法に対する不安感や施術者に対する不安が大きいかもしれないと感じます。
 例えば、「痛いんじゃないか」とか、「払った施術料に対して満足のいく治療効果はあるのか」、「どうしたら、親切で腕のいい施術者のいるところへ行けるんだろう」等々。充分な情報が患者さん(潜在的な患者さんも含めて)に届いていないことがあん摩マッサージ指圧への敷居を高くしているように思います。
 営業的なPRももちろん大切なのですが、もっと広く気軽に情報提供できれば、手技をお試しで受けに来る患者さんも増え、不要な誤解も解け、手技療法の敷居も低くなるのではないでしょうか。

 そんな中、ふと逆に、「患者さんのニーズは最も重要な要素だけれど、では施術者側はどんな患者さんに来てもらいたいのだろう」と考えました。
 定期的に来てくれる患者さん?金に糸目を付けない人?手間のかからないような軽めの肩こり、腰痛?

 色々考えてみましたが、想像するより聞いてみた方が早い。はり灸と手技療法の二本立てで治療をしている友人である先生に「どんな患者さんに来てもらいたい?どんな人を治してあげたい?」と聞いてみました。

 「素直な人。何かやってみるようにアドバイスしても拒否してしまう人は施術しても治らない人が多い。」
 「簡単にとれてしまう症状の人にばかり来てほしくはない。やや難しい症状の人の話を聞き、原因を探りながら施術をしていく。本人が気づいていない原因が肩こりに潜んでいるかもしれない。そんな風に患者さんと一緒に症状を解明しながら施術していくのが楽しみだ。」
 そんな風に教えてくれました。

 なるほど、好きで選んだ職業です。簡単なルーティーンが喜びではないのでしょう。謎を解くかのように、あるいは患者さんとの関係を深めるかのように、患者さん自身や症状に関わっていく。それこそがだいご味になっているのですね。
 こんな風に、あマ指や手技療法の施術者は
『自分でも理由のわからない、つらい症状に患者さんとともに取り組み』、
『コミュニケーションを深めていくことで患者さんの症状をやわらげ』
『そんな苦労を喜びとして分かち合いたい』
 と思っている人もいるのです。

 さて、皆さんはそんな人に施術してもらいたくないですか?

以上

PAGETOP